2012年01月17日

「大切なのは命ですか、お金ですか」脱原発世界会議

IMG_6456.png「国の偉い人達に言いたいです。大切なものは僕達の命ですか。それともお金ですか。僕は病気になりたくありません」(郡山市から横浜市に避難している小学4年生 富塚悠吏君)

●NGOピースボートなどの実行委員会が主催する「脱原発世界会議」が1月14-15日、横浜で開催され、2日間でのべ1万1500人が参加しました。

●会場には、赤ちゃんを連れた親御さん達の姿もあり、子ども達もたくさん来ていたのが嬉しかったです。託児ブースもあり、子ども向け企画がたくさん企画されていました。

●15日に開かれた分科会の一つ「放射能から子どもを守る−社会を変える子育て世代の力」について少しご紹介します。
動画はコチラ→http://www.ustream.tv/recorded/19769191

登壇者は
「子どもたちを放射能から守ろう全国ネットワーク」呼びかけ人代表 伊藤恵美子さん
福島県田村市有機農家・反原発活動家 大河原多津子さん 
放射能から子どもを守る@横浜 安部美穂さん
放射能から命を守る宮城県南部の会 原田禎忠さん
滋賀・あすのわ 玉崎洋子さん

NGOグリーンピースジャパン
 鈴木かずえさん
NGOラジミチ・チェルノブイリの子どもたち アントン・ヴドヴィチェンコさん


汚染の高い福島や宮城においては、行政や経済業界からの「安全キャンペーン」からどう子どもたちを守っていくのか、
反対に滋賀など西日本では、「危機感がない地区に食べ物が移送される」という現状があるので、周りの方にどう関心を持ってもらうかが課題になっているそうです。
東日本から避難している方たちが、西日本でも積極的に動いているということです。

アントンさんからは、チェルノブイリ事故後、汚染地域からは医師などの専門家が出て行き、残された大人は酒に溺れ、子ども達も非行傾向が出てきた。外国の援助を受け子どもたちのリハビリセンターを作ったところ、8割は治っているとの報告がありました。

横浜の安部さんからは、活動をやっていく上での具体的なご指摘がありました。
給食の安全性を求める1万人署名を出しても、行政は全然動かなかった。大きな人数を集めて一つの署名を出すより、小さな団体がそれぞれの切り口で出した方がよい。
また、放射線測定結果について、「ND」「不検出」では「大丈夫なんだと思ってしまう人がいる。「○○ベクレル未満」という表示にする方がよいということです。

これは、埼玉でも行政に要請していきたいとこですね。

●分科会や、その他の持ち込み企画も盛りだくさんで、とても全てはカバーできませんでした。
 もっと知りたい方は、会議の動画はネット上でたくさん公開されていますので、YouTubeやustreamで検索してみてください。
posted by taniyan at 15:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

やっと国が…「放射性物質から子どもと妊婦を守る法案」

これまで、県や市に要望しても「それは国が…」などと逃げられることが多かったのですが、
やっと国でも、子どもと妊婦を守るための動きが具体化してきています。

11月1日付で、川田龍平議員が「放射性物質から子どもと妊婦を守る法案」
(骨子)を、公表しています。
http://ryuheikawada.jp/feature/02.html

骨子案の柱は、
除染のための体制整備、食品の安全性確保(表示含む)、自主避難への支援
の3点です。

法案を成立させるためには、超党派の多くの議員が賛同する必要がありますが、
現段階ではまだ難しいのが現状のようです。

特に、自主避難への支援については、賛同に二の足を踏む議員が多いだろうと思います。

政府は、福島市渡利地区など汚染が深刻で、かつ除染の効果も薄いとされている地区についても、未だに除染以外の対策を認めていません。
地元の首長らも人口流出を恐れ、自主避難には否定的です。

与党である民主党の議員も、政府方針と異なる対応をするのは難しいでしょう。

でも、自主避難を認めないと、子どもたちを守ることはできません。
そして高線量地区に子どもたちが放置されているままでは、
首都圏や埼玉で子どもたちを守るための対策を求めても、説得力をもちません。

法案の早期成立に向けて、市民もできることはあります。
例えば、この法案の成立を世論が支持すれば、態度を変える議員も出ると思います。
まずはこのような法案が準備されていることを話題にし、
知ってもらうことから始めたいと思い、この記事を書いています。
どのような形でもいいので、お知り合い・ご友人にも、
シェアしていただけたら嬉しいです。


※渡利地区の汚染や、自主避難への賠償などについての資料は
国際環境NGO FoE Japanのサイトをご覧ください。
http://www.foejapan.org/energy/news/evt_111105.html
posted by taniyan at 01:26| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

さいたま市の食品測定検査 コメは除外

saitamasokutei.png

さいたま市でも食品の放射性物質汚染検査が始まりました

表の下の所に「定量下限値:放射性ヨウ素131、放射性セシウム134・137とも 5 Bq/kg
とあります。
5Bq/kgというのは、まあ安心できる値だと思います。

ただし、この検査にはコメが含まれていません。
担当課に問い合わせたところ、
「コメは先月に埼玉県が行った検査で問題がなかったからやらない」との旨の返答でした。

で、その埼玉県の検査と言うのはコチラなんですが、
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/kome-chousakekka.html

表の下の注意書きを見ると 
定量下限値:放射性ヨウ素 20ベクレル/kg、放射性セシウム 20ベクレル/kg
となっています。

つまり19Bq/kgは、汚染されていても分からない訳です。
(追記:セシウム134,137それぞれあるので、合計で最大38Bq/kgの汚染している可能性があります。考え方が間違ってたらご指摘ください)

しかも、大人ならともかく、保育園や小学校の給食で毎日出されるものです。
担当課の方には、コメこそ5Bq/kgでやってほしいとの要望をお伝えしました。


posted by taniyan at 21:55| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。