2011年11月13日

やっと国が…「放射性物質から子どもと妊婦を守る法案」

これまで、県や市に要望しても「それは国が…」などと逃げられることが多かったのですが、
やっと国でも、子どもと妊婦を守るための動きが具体化してきています。

11月1日付で、川田龍平議員が「放射性物質から子どもと妊婦を守る法案」
(骨子)を、公表しています。
http://ryuheikawada.jp/feature/02.html

骨子案の柱は、
除染のための体制整備、食品の安全性確保(表示含む)、自主避難への支援
の3点です。

法案を成立させるためには、超党派の多くの議員が賛同する必要がありますが、
現段階ではまだ難しいのが現状のようです。

特に、自主避難への支援については、賛同に二の足を踏む議員が多いだろうと思います。

政府は、福島市渡利地区など汚染が深刻で、かつ除染の効果も薄いとされている地区についても、未だに除染以外の対策を認めていません。
地元の首長らも人口流出を恐れ、自主避難には否定的です。

与党である民主党の議員も、政府方針と異なる対応をするのは難しいでしょう。

でも、自主避難を認めないと、子どもたちを守ることはできません。
そして高線量地区に子どもたちが放置されているままでは、
首都圏や埼玉で子どもたちを守るための対策を求めても、説得力をもちません。

法案の早期成立に向けて、市民もできることはあります。
例えば、この法案の成立を世論が支持すれば、態度を変える議員も出ると思います。
まずはこのような法案が準備されていることを話題にし、
知ってもらうことから始めたいと思い、この記事を書いています。
どのような形でもいいので、お知り合い・ご友人にも、
シェアしていただけたら嬉しいです。


※渡利地区の汚染や、自主避難への賠償などについての資料は
国際環境NGO FoE Japanのサイトをご覧ください。
http://www.foejapan.org/energy/news/evt_111105.html
posted by taniyan at 01:26| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
taniyan様
はじめまして、川口在住の妻子を九州に避難させた者です
下のURLを是非ご覧下さい、もうご存知かもしれませんが
埼玉県知事が被災地の瓦礫を受け入れようとしています
もう東京が受け入れをして軒並み線量が上がっています
これ以上汚染を拡散させてはダメです!!
是非この事を拡散させて反対意見を埼玉県知事及び
各市町村へお願いします
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20111209/CK2011120902000057.html
Posted by 子供と妊婦は避難!! at 2011年12月09日 22:16
初めまして。

突然のメール、失礼いたします。

私、茨城県猿島郡境町にて「子供の未来を考える会」の代表を務めております小久保と申します。

この度、茨城県にて以下の企画が立ち上がりました。

茨城メインの企画ではありますが、対象の企業が埼玉県でも店舗展開しておりますので、ぜひご協力願いたいと思い、ご連絡差し上げました。

ぜひ、ご理解の上、ご協力いただければ幸いです。

内容は以下の通りです。

宜しくお願い致します。


*****


I love カスミプロジェクト


3月の原発事故以来、食への不安が広がっています。

私たち消費者は、今の国の暫定基準値や検査体制に決して満足しているわけではありません。

でも、自分はどうしてほしいのか、どう思っているのか、きちんと相手に伝えなくては、現状を容認していることだと思うのです。

そこで、私たちはスーパーや小売店に、『消費者の本当の声を届けたい!』『買いたくても買えない現状をわかってもらいたい!』そんな気持ちから、スーパーに自主検査とその数値の公表などをお願いするためのプロジェクト「アイラブカスミプロジェクト」を立ち上げました。

「カスミ」は茨城県内に80店舗以上を展開している茨城県の地場産業ともいえるスーパーですが、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県にも合わせて50以上の店舗を展開しております。

これまで地産地消を推し進めてきたように、「生産者・消費者・スーパー」が力を合わせ、安心して買い物ができる環境を作っていきませんか?

ぜひ、アイラブカスミプロジェクトのホームページ(http://ilovekasumi.jimdo.com/)よりオンライン署名「お客様の声」をご記入ください。そして、さらには、ご自身がよく利用なさるスーパーへも「お客様の声」を届けてください。

また、もう一つお願いがあります。

みなさんの会や個々人で、HP、ツイッターなどでこの企画をご紹介いただいたり、イベントなどを行う際にチラシ(HPからダウンロードできます。)の配布などご協力頂けませんでしょうか?

この企画は、「簡単な行為の中にも声を上げる手段はある!」ということを広く一般の方たちにも気づいて欲しいという思いがこもっています。

会の仲間を増やす手段として、気軽に「放射能問題」を話題にするきっかけとして、利用していただけると幸いです。

私たちは「アイラブカスミプロジェクト」が各地で展開され、カスミに限らずどこのお店でも、誰もが安心して買い物ができるようになることを願っています。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



子どもたちを放射能から守る全国ネットワークの紹介ページ

http://kodomozenkoku-news.blogspot.com/2011/12/blog-post_2705.html

インターネットのニュースでの記事

http://news.livedoor.com/article/detail/6110586/

http://www.net--election.com/news_ajvI0ulzm2.html?right

ツイッター 

https://twitter.com/#!/iloveKASUMIproj
Posted by コクボ at 2011年12月21日 06:10
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
はじめまして。私たちは、「みんなで決めよう「原発」国民投票」
http://kokumintohyo.com/
の 埼玉賛同人会です。
私たちは、「このまま原発を続けるのか、やめるのか、を決めるのは、私たち国民一人一人である」ことから、昨年より「原発国民投票」の実現をめざして活動しています。
このたび、埼玉県内の様々な活動団体に、「「市民運動みんなで決めよう「原発」国民投票 賛同への願い」という文書と会発行のチラシをお届けすることになり、ご連絡先の照会をしております。

よろしければ、郵送先のご住所・郵便番号を教えていただけますでしょうか?

お返事は、大里郡寄居町今市228−3在住の賛同人、伊藤泰子の下記アドレスまで、お願いいたします。
nonotobira(あっと)ybb.ne.jp

お忙しいところ、突然のお願いで申し訳ありませんが、ご一報をお待ちしています。
Posted by 伊藤泰子 at 2012年01月17日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。