2011年09月09日

9月5日 さいたま市への要望と回答

saitama0905.jpg

「埼玉の子どもたちを放射線被曝から守る会」「5年後10年後子どもたちが健やかに育つ会 さいたま」、そして「内部被ばくを考える市民研究会」三団体の連名で9月5日、さいたま市に「子どもたちを放射線被ばくから守るための要望」を申し入れました。
市議会会派‘改革フォーラムさいたま’の野呂多美子市議に橋渡しをしていただきました。

市側は、10課20人が出席。しかも課長がズラリ!
1時間にわたり口頭で要望の回答をいただき、参加者と若干の質疑を行いました。
さながら、議会答弁のような雰囲気でした(^^;)

市の危機感のなさには落胆もしましたが、
これだけの人数が出てきて「わざわざ」顔を合わせる場を作ったということは、
対話の意思はあるのだと思います。

これを一つのきっかけにしていきたいです。

当日の議事録はコチラをご覧ください 0905saitama.pdf
posted by taniyan at 22:10| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。