2011年09月15日

さいたま市の食品測定検査 コメは除外

saitamasokutei.png

さいたま市でも食品の放射性物質汚染検査が始まりました

表の下の所に「定量下限値:放射性ヨウ素131、放射性セシウム134・137とも 5 Bq/kg
とあります。
5Bq/kgというのは、まあ安心できる値だと思います。

ただし、この検査にはコメが含まれていません。
担当課に問い合わせたところ、
「コメは先月に埼玉県が行った検査で問題がなかったからやらない」との旨の返答でした。

で、その埼玉県の検査と言うのはコチラなんですが、
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/kome-chousakekka.html

表の下の注意書きを見ると 
定量下限値:放射性ヨウ素 20ベクレル/kg、放射性セシウム 20ベクレル/kg
となっています。

つまり19Bq/kgは、汚染されていても分からない訳です。
(追記:セシウム134,137それぞれあるので、合計で最大38Bq/kgの汚染している可能性があります。考え方が間違ってたらご指摘ください)

しかも、大人ならともかく、保育園や小学校の給食で毎日出されるものです。
担当課の方には、コメこそ5Bq/kgでやってほしいとの要望をお伝えしました。


posted by taniyan at 21:55| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

お詫びとお願い


署名を郵送したのに戻ってきてしまった…という方がいらっしゃいましたら、
お手数ですがsaitama.kodomo.mamoru@gmail.comにご一報くださるか、
再度送っていただけますでしょうか。

郵便局にいけなかった間に、数通が保管期間満了で送り返されていたことがわかりました。

大変申し訳ありません。
寄せていただけた全ての署名を届けられるよう、
以後はこのようなことがないようにしてまいります。
posted by taniyan at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

9月5日 さいたま市への要望と回答

saitama0905.jpg

「埼玉の子どもたちを放射線被曝から守る会」「5年後10年後子どもたちが健やかに育つ会 さいたま」、そして「内部被ばくを考える市民研究会」三団体の連名で9月5日、さいたま市に「子どもたちを放射線被ばくから守るための要望」を申し入れました。
市議会会派‘改革フォーラムさいたま’の野呂多美子市議に橋渡しをしていただきました。

市側は、10課20人が出席。しかも課長がズラリ!
1時間にわたり口頭で要望の回答をいただき、参加者と若干の質疑を行いました。
さながら、議会答弁のような雰囲気でした(^^;)

市の危機感のなさには落胆もしましたが、
これだけの人数が出てきて「わざわざ」顔を合わせる場を作ったということは、
対話の意思はあるのだと思います。

これを一つのきっかけにしていきたいです。

当日の議事録はコチラをご覧ください 0905saitama.pdf
posted by taniyan at 22:10| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。