2011年08月20日

もうご存知ですか?首都圏土壌調査の結果

8月8日、参議員会館にて放射能防御プロジェクトの
「首都圏土壌調査」
の結果が発表されました。

これによると、首都圏でもチェルノブイリの一時移住区域、希望移住区域、
放射線管理区域にあたる汚染があちこちで確認されていることが分かります。

最も高い汚染が確認されたのは、埼玉県三郷市早稲田の「植え込み」でした。

豊島区巣鴨の「道路脇の砂」のように、
吹きだまりの砂や土などを測ると非常に高い値がでることもあるそうで、
「この調査で低かったから、この地域は大丈夫」と思うことはできません。


本調査は有志の方々が自費で行なったということでした。

自治体による、丁寧な土壌調査および、高い値が出た場所は立ち入り禁止にして
除染を行う等の措置が必要だと思います。

1人でも多くの方に見ていただきたい調査です。
posted by taniyan at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。